在籍確認の電話を回避することできます

キャッシングの審査で最後に行われるのが、職場への在籍確認です。これは文字通り、申し込みを行った人が本当にその職場に勤務しているのかを確認する、審査の詰めの作業です。ここまで進んだということは、そこまでの審査には問題が無かったということになります。

 

この在籍確認は実際に職場に電話を掛けて行います。本人が出なくても、その人が在籍していることが分かれば大丈夫なことも多く、この確認をもって審査が終了します。ですがこの電話が困るような人もいると思います。この在籍確認の電話はもちろんキャッシング会社の名前などは名乗らず、個人名で友人からの電話のように掛かってきます。

 

そのためこの電話が元でキャッシングの利用が周りの同僚に分かってしまうようなことはまずありませんが、そのような電話が掛かってくることが珍しい職場や、仕事中の私用の電話は困るような職場もあると思います。そういった職場に個人名での電話があった場合、何かの確認だろうと勘のいい人は気付いてしまう可能性があります。

 

もしキャッシングの利用者がいた場合はその確率が高くなります。この電話確認がネックでキャッシングの利用を躊躇している人もいると思います。そのような人はこの在籍確認を電話以外で行うことができる消費者金融を利用することをおすすめします。

 

プロミスとモビットでは電話確認を回避できます

大手の消費者金融のプロミスとモビットでは、在籍確認を職場に電話を掛けるという方法以外に、書類で行うことができます。この時必要になる書類は、職場から支給される社会保険証と給与明細票です。この2点の提出で、その職場に間違いなく在籍しているという証明になります。

 

また少し条件があり、プロミスでは在籍確認を職場への電話ではなく、書類で行って欲しいということを申し込みを行う前に伝える必要があります。これを行わなかった場合、保険証などの確認書類を一緒に提出しても電話で確認を行ってしまうことがあるので注意してください。

 

モビットの場合、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座を持っていることが条件になります。この2つの銀行はモビットの提携銀行で、このどちらかへの振り込みで融資が行われます。モビットの申し込みはネットから行うため、確認書類の提出は写真に撮ったものを送信して行います。

 

これらの2社ではこのように、電話での在籍確認を完全を回避することができます。職場への確認電話が困る人は是非この2社を利用してください。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

アコムでも電話確認なしでキャッシングが行えます

アコムでも電話確認を行わずにキャッシングが可能ですが、上記の2社とは違った意味合いになります。これはあくまで審査で電話での在籍確認ができなかった場合の応急処置的な扱いで、その他の判断要素に問題が無かった場合のみ、在籍確認ができなくてもとりあえず契約ができるということです。主に職場が休みの休日に申し込みを行った場合にこの状態になることが多いです。

 

この場合は一時的に仮契約状態となり、限度額は10万円になります。休日でもとりあえず10万円までなら即日キャッシングが可能だと考えてください。ですが電話確認が行われない訳ではありません。後日改めて確認が行われ、それをもって本契約となり、本来の限度額に設定されます。

 

このようにアコムでは職場への在籍確認ができない休日でも審査を通ることができ、10万円までならキャッシングが可能だといった性質のもので、電話確認を回避した訳ではありません。後日確認の電話は掛かってきますので、職場への電話が困る人にはおすすめできません。

 

銀行のカードローンの場合は

銀行のカードローンの契約時には、まず間違いなく電話による在籍確認が行われます。ですが相手が銀行なので、電話があったことが知られてしまっても、車のローンや住宅ローンを検討しているのでその確認の電話だというようないい訳が簡単です。消費者金融の場合より、職場への電話でキャッシングの利用がバレてしまう可能性は低いといえます。車のローンや住宅ローンは誰でも組むことがあるものです。

 

それでもこの電話を回避したい場合、三菱東京UFJ銀行のローン契約用のテレビ窓口を利用するとそれが可能になります。このテレビ窓口は消費者金融の自動契約機のようなもので、銀行の営業時間外でも営業しています。消費者金融と同じく、20時までに申し込みを行えば即日キャッシングも可能です。

 

この窓口から職場が明らかに営業時間外だと思われる時間に、もしくは休日に申し込みを行うと、電話確認を行わずにキャッシングが可能になります。ですがこれは確実という訳ではなく、アコムのような仮契約状態にこそなりませんが、後日電話による確認が行われる可能性があります。

 

これはその人の年収や信用状態にもよるので一概にはいえませんが、電話確認がない場合がある、という表現に留まります。確実に電話確認を回避したい場合、やはりプロミスかモビットの利用をおすすめします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日