本審査で落とされてしまう理由

キャッシングの審査には仮審査と本審査があります。この仮審査とは、各キャッシング会社のホームページ上に用意されているクイック診断などがそれに当たります。具体的な例として、プロミスではホームページに「3秒診断」が用意されています。

 

これに生年月日と年収額、そして現在の他社からの借り入れ総額を入力すると、仮審査の結果が文字通り瞬時に分かります。ですがこの通り、かなり大雑把な審査だと言えます。でも逆にここで引っ掛かるようでは本審査どころではありません。その場合、正式な申し込みをしてもまず審査は通らないと思ってください。

 

仮審査は当てになりません

仮審査はこのようにかなり大雑把な審査なので、ここを通過したからといってそれが即融資に繋がるとはとても言えません。あくまで参考程度になります。ですがここを通過できない場合、実際の審査にはまず通過できないと思って間違いありません。

 

この仮審査のいい加減な点をいくつか挙げてみますが、まずキャッシング会社によって最大融資額は決められています。例えば最大でも500万円までしか融資ができない会社に他社からの借り入れ総額を600万円と入力しても、年収額の欄にその3倍以上の額を入力すると通ってしまうことがあります。それだけいい加減なのです。

 

上の例はまだその会社で決めている上限額を超えたというだけですが、もっと酷い場合があります。年収額が300万円で他社からの借り入れ総額を100万円と入力した場合、この時点で借り入れが出来る総額は年収の1/3までという総量規制に達してしまっているので新規の融資は一切行えません。

 

ですがこの状態でも通ってしまうことがあります。契約だけは大丈夫だという意味かも知れませんが、そのような人が新規の契約を行うとは思えませんし、実際に契約の申し込みをしても通る訳がありません。こういったいい加減な審査をしているので、この仮審査はあくまで参考程度にしてください。

 

ですが冒頭で挙げたプロミスの3秒診断は比較的よくできています。上の例のいずれもこの3秒診断では通りません。上限額を超えた融資の問題はもちろん、総量規制に対して残りの融資枠が最低5万円は残っていないとこの仮審査を通らなくなっているようです。

 

本審査ではもっと詳しく審査されます

ですがいくらよくできていても、仮審査で入力する項目は生年月日と年収額、借り入れ総額と、あっても借り入れ件数くらいなので、これだけでは本当に基本的なことしか分かりません。生年月日からは借り入れを行える年齢だということしか分かりませんし、年収額と他社からの借り入れ総額で分かるのは総量規制に達しているかどうかだけです。

 

本審査ではむしろ、これらの基本的な情報以外の部分に重点を置いた審査が行われます。融資を受けようと思った場合、仮審査の内容などクリアしていて当然だと思ってください。この本審査でまず大事になるのは、職業と勤続期間です。

 

会社員の場合とフリーターなどのアルバイトの場合ではやはり信用度が違いますので、年収額や融資希望額と総合して判断を行います。特に勤続期間については会社員や公務員といったような比較的安定した職業ではない場合、最低でも現在の職場に半年の在籍期間がないと厳しい場合が多いようです。

 

また住居についても持ち家なのかアパートや借家などの賃貸なのかで審査結果が変わってきます。賃貸の場合は家賃を申告しますが、その額はキャッシングの返済額と合わせて毎月必ず支払う必要があるので、きちんと返済ができるかどうかの指針になります。これによって同じ年収額でも持ち家と賃貸の場合では融資ができる金額が違ってくることがあります。

 

そして一番大切なのは、信用情報です。これは信用機関に登録されているその人の個人情報を見て審査しますが、ここで過去に返済の遅延が度々あったようなことが分かった場合、その他の診断要素に問題が無かった場合でも審査を通らないことがあります。遅延を度々するような人は信用できないからです。

 

また職場への在籍確認の電話も行います。これを書類の提出で済ませることができるキャッシング会社もありますが、基本的には審査の大詰めとして欠かせない作業です。ここまでくれば、まず審査に通ったと思って構いません。このように様々な要素を総合して本審査は行われます。仮審査とは比べものになりません。

 

かなり詳しく分かる診断が用意されていることも

モビットには上記のような仮審査と別に、かなり詳しい情報を入力する診断もホームページから行えます。この「10秒診断」と呼ばれるこのホームページからの審査では、本審査と同様の項目を入力する必要があり、これをクリアできれば後は信用情報に問題がなければ本審査を通過できると思って構いません。

 

このような会社も存在しますが、基本的には各キャッシング会社のホームページからの仮審査は本当の第一段階だと思ってください。まずそこで引っ掛かってしまうようでは申し込みをするだけ無駄だと言えます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日